会計事務所とは

Pocket

会社設立の代行業者に依頼をしたいと思っても、最近ではたくさんの事務所が出てきています。そして、代行業者の元となる事務所も様々であり会計事務所や税理士事務所とあるのでどこに依頼をすればよいかというのはますます難しい問題です。そこで、まずは会計事務所によってどのような違いがあるのかを知ることから始めることが重要です

会計事務所というのは公認会計士が開設して常駐している事務所です。それに対して税理士事務所は税理士が開設して常駐しています。税理士は税金の申告など税金に関する業務の専門家であり、公認会計士は会計業務の専門家です。会社の会計業務の中には税金に関する業務もあるので、公認会計士は税理士の請け負う範囲についても仕事を行うことができると考えることができます。

握手そのため、会社設立の代行業者としては税理士が運営しているところではなく公認会計士が運営している事務所を選ぶという企業も増えています。会計事務所の中でも税務の仕事を行うこともあるので税理士が働いていることもありますし合併してどちらの業務も行っているということもあります。そうすると代行業者から税理士が派遣されてくるという場合もあります。そのようなときでも会計業務での不明点があれば窓口となる税理士を通して疑問点を解決してもらうこともできるので、その点でも会計事務所に依頼をした方が安心できることが多いです。

ただし、中には会計事務所と名乗っていても公認会計士が常駐していないというケースがあります。そのため業務を依頼する前に必ず公認会計士の存在は確認しておくほうが安心できます。